ショットガンスタート

男女のプロツアーでは普通、本戦の前にプロの中にアマチュアが
入って行われるプロアマトーナメントが行われます。

その際、「ショットガンスタート」というスタート方式を
採用する場合が多いのです。

 
ショットガンスタートとは、その名のとおり散弾銃から
打ち出された無数の弾が散らばって飛んでいく姿を現しています。


普通のスタートは
1番ホール(アウト)か10番ホール(イン)からのスタートに
なりますが、複数のグループがそれぞれ違うホールから、
ほぼ同時にスタートする方式なのです。

極端な例でいうと

グループが18あれば、それぞれが各ホール(1番〜18番)の
ティグラウンドにスタンバイし、スタート時刻になったら一斉に
ティオフします。

ヨーイドン!で18ホールで打ち始めるのです^^

なかなかにぎやかで良いですよ。
お祭り的なゴルフコンペですね。

参加人数の関係でグループが6つなら、アウト、インそれぞれの
1番め、4番め、7番めのホールから同時にスタートするという
具合になります。

プロアマ後には、表彰式を兼ねたパーティが開かれるのが
普通です。

しかし、通常のスタート方式だと、トップスタートの組が
最終組のホールアウトまで待たなくてはならなくなりますが

ショットガンスタートなら、全組がほぼ同時刻にスタート
するので、終了時刻もほぼ同じになり、イベントが運営しやすく
なるというメリットがあるのです。


ちなみに私もショットガンスタート形式で競技会に参加した
経験があります。

私は6番コースからのスタートでしたが、スタート時間が
迫ってくるとゴルフ場側で6番ティーまでゴルファーの
輸送?が始まるのです。


6番からスタートして9番ホールを終わった後に普通は
食事休憩なのですがショットガンスタートではそのまま
インコースの10番に移動してプレーを継続なのです。

インコースへ移動する途中でサンドイッチと飲み物を
受け取りプレーは続行しました。

18番ホールを終了しても終わりではなく、アウトの
1番ホールへ移動して5番ホールまでプレーをし
めでたく終了となるのです。^^

チョット変な気分です。

その後の6番ホールからは競技には関係なく9番ホールまで
プレーを続けてクラブハウスへ戻るのですが、いつもの
9ホールでの気持ちの区切りが付けにくいです。

でも貴重な体験でした。

ちなみに、ショットガンスタートの呼び名の由来に関する
記事が、米ゴルフダイジェスト誌の2004年12月号に載ってます。

それによると、1956年5月、アメリカ・ワシントン州にある
ワラワラカントリークラブで、ショットガン方式による最初の
トーナメントが行われました。

その時、クラブのヘッドプロだったジム・ラッセルが、
スタートを知らせる合図にショットガンを用いたので、
以後この方式が「ショットガンスタート」と呼ばれるように
なったのだという事です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109808654
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。