プリファードライ

プリファードライとは

荒天などの影響で、コース状況が著しく悪い場合、コース側が
「無罰でボールを拾い上げて汚れを拭き、状況のいい場所に

プレースして良い」という趣旨のローカルルールを設定する
ことがあります。

これを「プリファードライ(preferred lies)」、または
「ウィンタールール(winter rule)」と言います。

 
プリファードライが設定される状況について、明確な規定は
ありません。

あくまでもコース(クラブ、委員会、または競技主催責任者)の
判断に任されています。

プレースする位置は、もとの場所から6インチ以内というのが
一般的ですが、この範囲についてもコースの判断にゆだねられて
います。

 
ただし、ピックアップする前に必ずマークをすることと、
プレース(置くこと)は1度だけ(指が離れたら即インプレーと

みなされる)ということが、ルールの「ローカルルールの参考例」
中に記載されています。

また、プリファードライが適用されるのは、通常フェアウェイに
ボールがある場合のみです。
ですから、ラフの状態では適用されません。


ちなみに、プリファードライはルールの全34項の中には規定されて
いません、あくまでもローカルルールの一種としてのみ存在して
います。

同じようなルールには、

「ワンボールルール
競技中に1種類のボールしか使ってはいけない。

*1種類のボールとは同一ブランド・同一銘柄になります。

例えばゼクシオブランドでも「ゼクシオDC」と
「ゼクシオプレミアム」を混ぜては使用できません。
但しボールに印刷されている番号違いは問題ありません。


また、競技中のカートの使用を制限するルールなどがあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。