サッチ

サッチとは楽天の野村監督婦人のことではありません^^

ゴルフ場の芝は1日に何人ものゴルファーが踏みつけて通るにも
関わらず、芝が折れたり、つぶれたりしても枯れないのです。

不思議ですね、なぜ枯れないのでしょうか? 

それは、1本1本の芝と芝の空間に、「サッチ(thatch)」と
呼ばれる芝の枯れくずが堆積して、「サッチ層」を形成している
からなのです。

サッチの大部分は、芝の根元側で伸びた茎や根の枯れたもので、
芝を刈った時に出る刈りくずも、一部サッチとなります。

サッチ層があることで、芝は踏圧に耐えることができ、さらに、
地面が硬くなりすぎないので、プレーしやすい環境となるのです。


しかし、サッチが堆積しすぎると、根に水分や空気が行き届かなく
なるため、芝の生育が悪くなります。

また、排水も悪くなり、内部に湿気がこもって芝を枯らす
病原菌の温床となるため、定期的にサッチを掻き出す作業が
必要になるのです。

コースに無数の穴が空いているのをゴルフ場でご覧になった
ことがあると思います。

「エアレーション」と呼ばれているこの作業は、このサッチを
取り除くことが第一義的な目的でなのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109910817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。