マーク

グリーンの上に乗ったボールは ボールで凹んだグリーンを直し
ボールマーカー (コイン形状の目印) をボールの後ろに置いて
ボールのあった位置をマークをしてから拾い上げます。

理由はボールの汚れを拭いたり、カップに遠い人から順に打つこと
になるからです。

そして自分の打つ順番になるのを待つのですが、その間、
グリーンの傾斜などを見ておくのです。

その時に他の人のライン (ボールが通ると思われる仮想の線)
の上を踏まないようにすることがマナーです。

マーカーが 他のプレーヤーのライン上にある場合などは、
他のプレーヤーからの要求があれば、左右のどちらかに
パターのヘッドで距離を測って動かすことになります。

動かしたマーカーは自分の番になった時に元の位置に戻してから、
ボールをプレースしてパットをします。

なお、自分のラインの線上やその近くにある小石や木の葉など
(ルースインペディメント) は取り除くことが出来ます。

たとえ、自分のボールが他人のラインの近くにない場合でも
他の人が打つ時には 自分のボールをマークして拾い上げるのが
正しいマナーです。

基本的にはパッティング時にはグリーン上にはボールは1個
だけと覚えておいてください。

グリーン上から打つ時に 他人のボールや道具にもし打った
ボールが当たれば 2打罰が打ったプレーヤーに科されます。

こんなことで気まずい思いをしないように自分の順番が
くるまではボールはグリーン上へ置かないように
してください。

また、グリーン上で 他のプレーヤーが打つのを待つ時には、
その人のラインの後ろや向かい側など その視線に入る所には
立たないようにしましよう。

特に、人が打とうとしている時に その視線内で動くことは厳禁!
話し声や音なども立てないように注意しましよう。

パッテイングは一番神経を使う動きです。
集中力をそぐような行為はエチケット違反になります。

ゴルフは静寂を好むスポーツです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。