メダリスト

北京オリンピックでは、柔道や競泳、女子ソフトボールなどを
はじめ、多くの競技で日本人メダリストが誕生しました。

通常、「メダリスト」といえば、「金、銀、銅のいずれかの
メダルを獲得した人」という意味ですが、ゴルフにおいて

「メダリスト」といえば、「ストロークプレー競技での優勝者」
という意味になります。

これは、ストロークプレーのことを、
古くは「メダルプレー」と呼んだことに由来してます。

 
現在では、本戦がマッチプレーで行われる場合の、
予選ラウンド(ストロークプレー)トップという意味での
使われ方が一般的。

例えば、アマチュア競技の最高峰、日本アマチュアゴルフ
選手権では、2日間のストロークプレーの上位32名が
決勝のマッチプレーに進みます。

この時、「メダリスト」となることは、本戦優勝とはまた
別の意味で、多くの競技ゴルファーの憧れとなっているのです。

 
ちなみに、日本アマでは「メダリストは本戦で優勝できない」
というジンクスがあります。

今年(2008年)のメダリストは、昨年のチャンピオンである、
東北福祉大4年の小林伸太郎選手だったが、本戦を制したのは、
韓国のキム・ビーオ選手でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110081518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。