常にクラブを2〜3本携帯

ボールの地点へ向かう時には使用予定のクラブを2〜3本
必ず携帯して向かう癖をつけましょう。

グリーン周りからのアプローチの場合にはバンカーへ入るかも?
パターでのせるほうが安全かも?
ころがしがかたいかも?

といろいろな状況に対応できるよう、グリーン周りに行く時には
パターとSとAの3本は必ず持っていく習慣をつけてください。

上手く1回でグリーンにのせることができたなら、ボールを   
マークして次のホールへ向かう方向のグリーン外へSとAの
クラブを置いてパターを持ちグリーンでパッティングの順番を
待つようにしましょう。

このように段取りよく行動をすれば心に余裕が生まれボールを
拭いたり、ラインの観察ができたりしますので良い結果に
恵まれる確率が上がります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。