ホールのピンは誰が持つの?

最近のゴルフはキャディさんが付かないセルフプレー
目立つようになってきました。

その為、ゴルフ初心者同士の組では思わぬ珍事件?も
おきています。

先日のセルフプレーでの出来事です。

私の前のグループのプレーヤーが男性2人、女性2人のお若い
方達でした。

後方から見ていても明らかにゴルフ歴が浅いと見受けられる
様子でしたが、ミスをしても迅速な行動をとっている為
見ていて、ある意味、感心してました。

4人のボールがグリーンにのってパッティングをおこない
全員カップインし、次のホールへ向かったのですが
大事な事を忘れてグリーンを後にしたのです。

何だと思います?

キャディのいないセルフプレーならではの出来事です。

旗竿(ピン)をホールへ戻していくのを忘れているのです。
かわいそうに旗竿はグリーンの外で寝たままなのです^−^

後方から見ているとパターを終わった方がスコアカードを
取り出して考えながら打数を数えているようです。

そしてパターが終わった人ごとにそれぞれのスコアを聞いて
いるようなのです。

パッティングが全員終わったところでお互いにスコアを
確かめながらカートに乗り込んでグリーンを後にしたのです。

お互いのスコアを数えることに一生懸命で余裕が無くなって
いたのですね^^


中に一人でもセルフプレーに慣れている方がいれば
良かったのですが・・・・・

初心者同士でセルフプレーをする時には一番最初に
ホールアウト(パターが終わった人)した人がピンを
持つようにすればよいのです。

その人がピンを持ったままスコアカードを書くようにすれば
ピンを戻し忘れることは有りませんので最初にパッティングを
終了した方が積極的にピンを持ちましょう!

セルフプレーの時にはピンを抜いて置く時も、カートへ
乗り込む方角のグリーン外にピンを置くようにすれば
グリーンも傷つかないし戻し忘れも防げます。

セルフプレー時にはピンを忘れずに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。