マリガン

マリガン?
聞きなれない用語ですね^^

欧米、特に英語圏であるアメリカとイギリスにおいて
プライベートなラウンドに限り、「打ち直し」を
認める慣例がある。

これを「マリガン」といいます。

日本では初心者がOB等を打った時などに上級者が
「もう一度打ってごらん」などと言ってもう一度
ショットを許されること有りますよね

マリガンとは日本流の「おまけ」です。^−^

 
マリガンはもちろん、いつでも何回でも打ち直していい
というわけではなく、ハーフごとに1回とか、最初の
ホールのティショットにのみに適用されるのが普通です。

マリガンはいうまでもなく、適用には同伴競技者全員の同意
(やんわりとしたものだが)が必要である。

ちなみに、アメリカのチャリティトーナメントでは、
マリガンを「売って」、チャリティの協賛金とすることも
行われます。

つまり、参加するプレーヤーがマリガンを5つ「買った」
とすると、その代金はチャリティとなり、プレーヤーは
ラウンド中に5回打ち直しする機会が与えられるという
わけです。

マリガンの必需品は・・・・コレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。