ピン・ハイの勘違い

「ピン・ハイ(pin high)」というフレーズがある。
そのまま訳すとピンより高いピンより上となりますよね。

セカンドショット(パー4の場合)等で、ピンに向かって
ショットした結果がピンより「奥」についた状態では
ないのです。


正解は、カップとほとんど「横並び」の状態です。

つまりピン・ハイとは距離的にはショートでもなく
オーバーでもない、ぴったりの距離のショットを
指す言葉です。


グリーンの横にボールがこぼれて、その人が
「うわっ、グリーン外しちゃった」と叫んだ場合。

なぐさめの言葉として、「距離は合ってるよ」と
いうふうに答えたりすることはよくありますよね。

これを、「ピンハイだよ!」といったほうが
響きもよくカッコいいでしょ^−^


ピン・ハイ に打つ一番の条件はコレです
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110587941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。