ラウンド中の会話

ラウンド中に長時間かけて仲間でレッスンをしている風景を
見かけることがあります。

これではプレーの進行を妨げてしまいます。

上級者が初心者を同伴した場合にレッスンをせざるを得ない
というケースもありますが、このような場合にもあくまで

プレーの進行を考えた上で妨げにならない程度にとどめて
おきましょう。


また、同伴者がアドレスに入ったら、動いたり話をしたりせずに
静かに見守りましょう。

静かな自然環境の中でプレーしていると小さな声でも以外に
集中力をなくすものです。

自分が気にならないからといっても他人も同じだと思っては
いけません。

これは神経を集中してショットをしようとしている人への大切な気配りです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111028528
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。