リストコックとは

ボールを飛ばす、動作の中に「リストコック」と呼ばれている
動きが有ります。

リストコックとは手首を折り曲げる動作をさしています。


魚釣りをする時、竿についた釣り糸を手首を曲げて「ビューッ」
と振る動作をイメージしてください。

また、ハンマーで釘を打つ時の手首の動き(?)・・・
イメージできましたか^^

コレは手に持っているものを加速させる時の動きです。

そうです!リストコックを上手に使えればヘッドスピードも
上がり、ボールも飛ぶのです。

上手に使えれば?・・・・の話です。

手首のコック(曲げる)は親指側へ曲がるのが正しいのです。

ところが
残念ながら上手にコックを使えていないゴルファーが多いのです。


一番多いパターンが手の甲側へ折れているゴルファーです。

この場合にはインパクトでフェースも開くので弱弱しい
スライス系のボールになってしまいます。

この部分だけ気をつけて練習するだけでも見違える球筋に
なるかも^−^

・リストコックは親指側へ曲げる!

バックスイングで左手の甲側へ折れないようにする為に小指
を手の平側へ巻き込む(?)イメージで。

この記事へのコメント
こんにちは。
ゴルフってやってみて初めて奥の深さが
わかる気がします。
今はスライスばっかりしてしまっているので意識することそして練習あるのみですね。
Posted by 優Tube at 2009年03月01日 13:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。