トップとダフリの原因

ゴルフ初心者に多いミスショットにトップとダフリがあります。

これらはどちらも、クラブヘッドがアドレスの位置にもどらないからおこるミスです。

トップする原因にはアドレスでの前傾姿勢を維持できづにインパクトで伸び上がってしまうことでおこります。

前傾姿勢を維持する為には自分の今の状態を把握しなければなりません。

鏡か窓ガラスなど自分を移すことができる場所で、アドレスでの前傾姿勢を作り、背骨にクラブシャフトを両手で宛がいます。

その姿勢でシャフト(回転軸)を中心に体を左右に回転させてみましょう。

このときに頭も左右に回転させてください。(ここが大事です)

頭を動かさないように固定していたらギッコン、バッコン(?)しているだけで左右への体重移動もできないし背なかのシャフト(回転軸)を中心にした回転もできません。

これをやってみるとわかるのですがいかに前傾姿勢を維持してスイングすることが大変かが良く理解できると思います。


ダフリに関しては左右への動き(スエー)によっておこります。

ゴルフスイングの動きはバックスウィングで右足内側に体重が移動します。

次にダウンスウィングで左足に体重移動させないでクラブを下ろしてくると、回転軸が右足になるため、ヘッド軌道の最下点がボールの右側になり、ダフリが起こります。

トップもダフリが出る原因も、体重移動に大いに関係があるのです。

スタンス幅が広いほど左右への動きは要求されます。逆に言えばスタンス幅が狭ければ体重移動はほとんど行われません。

一番わかりやすいスイングが両足を揃えて一本足のようにしてスイングすることです。

これでしたら体全体が太い回転軸となって体重移動はほとんどありません。

この状態から少しづつスタンス幅を広げていく練習をされると体重移動も上手くできるようになり、ダフリ、トップのミスショットが減りますよ^−^



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。