テンプラを直そう^−^

テンプラは飛ばないし、第一に「カッコ」が悪い!・・・

恥ずかしい?テンプラがでないように即効で直しましょう。
その為にはテンプラになるメカニズム(?)を考えましょう。

テンプラがよくでるゴルファーはご自分のドライバーのヘッドを見てください。

クラブヘッドの上部にキズが付いているとおもいます。

ドライバーヘッドのフェース面のどこかにボールが当たれば、必ず前に飛ぶのでテンプラにはなりません。

テンプラになる原因はボールがフェース面に当たらずにクラブヘッドの上部またはトップラインの角に当たっているためにおこるのです。

アイアンではトップ&ダフリはあっても、テンプラはでません。

ドライバーよりもヘッドの面積は小さいのにチャントフェース面のどこかにボールが当たっていますよね。


ドライバーショットではボールをティーの上にのせてショットします。

このときにアイアンと同じように上から打ち込んでハンドファースト
(手が先行しヘッドが後)の状態になるとテンプラになるのです。

アイアンはダウンブローに!ドライバーショットはアッパースイングで!・・・と聞いたことあるでしょ。

アイアンのクラブの最下点はボールの向こう側(インパクト後)
ドライバーのクラブの最下点はボールの手前側(インパクト前)になるのです。

この違いを理解すればテンプラは防げます。

実際の練習方法ですが

練習場でティーアップしたボールの手前20センチぐらいのところに目印のボールを1個おきます。

この目印のボールはクラブヘッドの届かない所(スイング中に当たらない所)へ置くこと!

        ○目印のボール

   ●--------------クラブの軌道
打つボール

アドレスしたら○目印のボールを見るのです!!

●打つボールは見ません!!!

それでは当たらないのではとの不安はあると思いますが「大丈夫!」
当たります!素晴らしいボールが打てます^−^

いつもどおりのスイングで良いのでアドレスしたら○目印のボールを見てバックスイングをし、○目印のボール目掛けてクラブを振ってください。

○目印のボールでクラブを振ることができれば、アッパー軌道で●打つボールをとらえることができ、テンプラは簡単に克服できます。

一度お試し下さい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。