旗竿(ピンフラッグ)について

グリーン周りからのアプローチでボールをオンさせることができましたら、他のプレーヤーの妨げにならなければそのままボールを置いておき、他のプレーヤーがオンするのを待ちましょう。

もし、あなたのボールが他のプレーヤーの妨げになるようでしたらすみやかにマークをしてボールをピックアップしてあげてください。

全員のボールがグリーンにオンしたならばカップに一番近いボールのプレーヤーがピンを抜いてあげましょう。

抜いたピンはカップに一番近い場所のグリーン外へ置くようにしてください。

今の旗竿には距離計測用のミラー(?)が組み込まれてる場合もありますので抛るのではなく丁寧に置いてあげてください。

パッテイングをし、一番最初にカップインしたプレーヤーが旗竿を持ち、全員がカップインした後、カップへ真っ直ぐに立ててホールアウトしましょう。

時々旗竿を最後まで差し込んでなく旗竿が斜めにささっている光景を見ます。

これは、風の強い日などは旗竿があおられてカップも傷めますし、後続のプレーヤーにも迷惑をかけますので必ず最後まで差し、真っ直ぐに立てるよう注意してください。

旗竿を立てたらグリーン周りに置いてあるクラブを忘れないように持ちすみやかにグリーンを離れてください。

スコアーはグリーンを離れた後確認し合えば良いのです。
グリーン上で集まってスコアーの確認を行っている光景は後続のプレーヤーから見れば苛立たしいものです、お互いに気をつけてゴルフをエンジョイしてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。