ゴルフカートの90度ルールとは

人手不足とコスト削減の観点から近年ではゴルフ場でのカートの普及が急速に高まっています。

カートの種類には大まかに別けて2種類有ります。

1)コース脇にセンサーが埋め込まれていて決められたルートを自動で走行するリモコンタイプで動く4人乗りのカート(キャディさんがいる時には5人乗り?)。

2)車と同じ感覚でプレーヤー自身が運転してコース内を走れる2人乗りの乗用カート。

2)の2人乗用カートが一番便利でボールの横へ止めて打ったら即移動が可能な為、多くのゴルファーには喜ばれています。

特に年配の方や持物の多い女性たちにも重宝がられています。

便利で楽な快適ゴルフができて良いのですが反面多くの問題もでてきています。

コース内を自由に走って行ける為、樹木をいためたり、池に落ちたり、無人カートが動いて事故を起こしたり、急ブレーキによるコースの傷み・・・・など。

乗用カートでコース内を走行すると、芝にかかるストレスも大きく、特に雨の降った翌日などはコース内が緩くなっている為芝に対するダメージが大きいのです。

ボールの所までカートで行ける利便性と、コースの保護を両立させるためのカートでの走行ルール。

それが「90度ルール」なのです。


90度ルールとはコース内を自由に走り回ることは行わず、ショット後はカート道路を走行し、ボールの真横の地点まで来たら、そこから直角に曲がってコース内に入り、ボールのところまで行く。

そしてショット後には再び、カート道路まで直角に戻る。

これを繰り返すことで、フェアウェイ内での走行を最小限に止め、芝へのダメージを最小限に抑える為のルールなのです。

乗用カートで楽しいゴルフをする為に90度ルールが適用されている場合には、ルールを守って安全運転を心がけてください。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。