ドレスコードをご存知ですか?

ドレスコード(Dress Code)とは服装の規定のことです。

紳士のスポーツと言われて世界中に広まったゴルフの歴史の中にあるドレスコード。

ゴルフが多くの方に親しまれてメジャー化してきた今、プロゴルファーを含めてゴルファーの服装の乱れが多くのゴルフ場で問題視されています。

プレーを終えてお風呂で汗を流し、脱衣所で着替えてる若者。
上はTシャツ、下は破けたGパン・・・・・。

ここはゴルフ場のお風呂場であって銭湯ではありません。
本人は悪びれもせず、場違いに気づかないのです。

でも、仕方がないのです、知識として知らないのですから。
彼に教えてくれる人がいなかったのです。

ゴルフが一般的でなかった時代は、全て、先輩達が1〜10まで教えてくれたのです。

それを知識として覚え、また次の後輩たちへ教えていく・・・。

この言い伝え?がいつのまにか薄れてしまった昨今。



TVのトーナメントプロ達の服装にも問題はあります。

ドレスコード(Dress Code)について再確認をしてみましょう。


ゴルフ場への入場及びプレー時の基本的なドレスコードについて。

プレー時には襟つき・袖つきのスポーツシャツの着用。

ノースリーブ(肩の出ている)は女性限定で男性(タンクトップ)は不可です。

冬季におけるハイネック、タートルネック等の着用は可。

夏季におけるゴルフ用ハーフパンツ(半ズボン)着用は可能です。

ゴルフ用ハーフパンツ着用時のソックスの長短はゴルフ場によって規定に多少違いはあるかもしれません。

基本のソックスの長さはふくらはぎを覆い膝下までですが、足首まででも可能のゴルフ場もあります。

ゴルフ場への行き帰りの服装については迷彩服、ジーンズ、Tシャツ、ジャージ、スエットパンツ、トレーニングウエア等、あまりにもカジュアル過ぎる服装は不可です。

場合によってはゴルフ場へ入場(プレー)できなくなる可能性もあります。

足元もサンダル(女性は可)、スリッパ、ゴムゾウリなどTPOをわきまえない履物は不可です。


男性の場合には上着、ジャケットを着用することが基本です。

格式の高いゴルフ場ではメンバー同伴、上着着用が絶対条件となっているゴルフ場もあります。

もし、そのような格式の高いゴルフ場へ誘われた場合、あなたは知らなかったで通れても結果的には同伴されたメンバーさんに迷惑をかけたことになるのです。

あなたがゴルフを楽しむ為にはまず、他の人に不愉快な思いをさせない事、それが楽しいゴルフをする為のエチケット、マナーなのです。

ドレスコードをお忘れなく。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。