杭の種類と違いについて

ゴルフ場のコース内には区域を仕切る意味の杭が打ってあります。

皆さんがよくお世話になる白杭(OB杭)はご存知だと思いますがその他にも色違いの杭がいくつかありますので覚えておいて下さい。

ゴルフ場によっては杭の色が異なる場合もありますが基本的には次のように別けられています。

白杭はOB(アウトオブバウンズ)ゾーンとの境界を示す杭です。
白杭から出ているボールでのプレー続行はできません。
前の位置からの打ち直しか、ローカルルールによる前進○打からのプレー再開になります。
 
青杭は芝の張替えやメンテナンス中などによる修理地との境界線を示す杭です。

修理地に入ったボールの位置にティーを指し、ボールを拾い上げてホールに近づかないところへ無罰でドロップできます。

打てる状況にあっても修理地内では決して打たないで下さい。
芝の育成やコースのメンテナンス上使用しないで下さいと青杭にて表示しているわけですから守るように。

黄杭はウォーターハザードとの境界を示す杭です。

ウォーターハザードにボールが入った時は、基本的にはペナルティを受けての打ち直しになりますが、プレーヤーが再度、池越えのショットを行わなくてもすむように、そのウォーターハザードの横に指定ドロップ区域をもうける場合もあります。


赤杭はラテラルウォーターハザードとの境界を示す杭です。

ラテラルウォーターハザードとはウォーターハザードに入ったボールを
ウォーターハザードの後方へドロップする時に処置をする場所がない場合は赤杭(赤ライン)で示します。

ゴルフ場によってはOB杭が経年変化と汚れで黒くなっているところもありますが「これは白杭ではないからOBではない!」などと言わないように^−^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143610623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。