バンカー内でボールにクラブが触れた場合

バンカーにボールが入った時に複数のクラブをもってバンカー内に入り使用するクラブを選択し、余分なクラブはバンカー内に置いても問題は有りません。

但しクラブをアドレス状態のボールの前に置き、打ち出し方向を示すような置きかたはいけません。

誤解されないようにクラブは身体の後ろ側へ置くように心がけましょう。

一番ベストの置きかたはボールがバンカーから出なくて再度戻って来たときに置いたクラブへ当たらないようにバンカー外へクラブを置くようにすることです

また、バンカー内でアドレス時にクラブヘッドがボールに触れてもボールが動かなければ無罰です。

ボールが「動く」とは最初のボールの底辺(お尻=最下点)の位置が変わることを言います。

はっきりとボールがゆれても最初の位置にボールが戻れば動いたことにはなりません。

バンカー内ではほとんどの場合クラブが触れた程度ではボールは元の位置に戻りますので心配要りません^−^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。