素振りなの?空振りなの?

前の組のおじさんプレーヤー達がバンカーの横でもめています。

揉め事の原因は「素振りか?空振りか?」だそうです。

バンカー内に入ったボールが前下がりの傾斜地に止まり難しい状態だったのでゆっくりした素振りを何度も行い、スイングをしたのですが身体が起き上がり空振りをしたのです。

本人は再度素振りを何度か行いスイングをし、なんとかボールはバンカーから出ました。

ここからが問題で同伴プレーヤーは全員空振りをしたと思っていたのですが本人は「あれは素振りだ!」と言い張るのです。

ゴルフにおいては、素振りは打数には含まれませんが、ボールを打つ意思を持ってスイングし、ボールに当たらなかった場合には空振りとなります。

素振りか?空振りか?は本人の自己申告となり、本人が素振りだと言い張れば否定ができない部分も有ります。

しかし、このような状況では同伴メンバー内に不信感が漂い気持ちの良いプレーは続ける事ができないと思います。

素振りは周りにはっきりと分かるよう、ボールに届かない位置で行うように心がけたいものです。

ゴルフは紳士のスポーツと言われています、自分に正直に、周りに迷惑をかけないように気持ちの良いゴルフを楽しみたいものです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。