ダブルペリア方式とは

ゴルフコンペにおけるハンディキャップの決め方の一つです。

不特定多数の参加者が集まるゴルフコンペにおいては個々の

ハンディを自己申告で決めるには不公平感が否めません。


そこで、主催者(ゴルフ場)側が隠しホールを18ホールの内から

12ホールをつくります。(当然ですが公表はされません)


全員のラウンド終了後に隠しホール12個の打数を集計し

ハンディキャップを算出する方式ダブルペリア

(正式名称は新ペリア方式)というのです。


他にも「ペリア方式」があります。

これもハンディキャップ算出法の一つです。

ダブルペリア方式の隠しホールが12ホールに対して、

ペリア方式は半分の6ホールになります。


この方式ですと運・不運でハンディキャップの不公平感が

多かった為、今ではほとんどのゴルフコンペ

ダブルペリア方式で行われています。


他には「キャロウェー方式」などがあります。

ライオネル・キャロウェーによって考案された略式の

ハンディキャップ算出法になります。



ダブルペリア方式での隠しホールは

ハーフ(9ホール)では

ショートホールで1個

ロングホールで1個

ミドルホールで4個の合計6個。


18ホールではこの倍の12個、が

隠しホールで選ばれる確率が高いです。

例外も、もちろんありますが、ご参考までに。


この記事へのコメント
飲み会で聞かれて答えられず、助かりました。ゴルフしたことがなかたので、わかりやすくありがたかったです。
Posted by ちよぞう at 2009年10月14日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69873752
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。