ゴルフスイングの答え

以前にもゴルフスイングは人によって違う。
同じフォームではないといいましたが、その大きな

要因は年齢や体格、スポーツの経験の有無、
器用か不器用かなどの個人差がなのです。

ゴルフ雑誌などに載っている情報を自分のスイングに
取り入れようとしても上手くいかない原因には上の
ような要因があるのです。

ですから
プロゴルファーをモデルにしてゴルフスイングを
まねようとして一生懸命練習しても、どうしても

同じように動かせない部分ができてしまい
ゴルフスイングは完成しないのです。

タイガーのスイングはタイガーのオリジナルです
アマチュアでは100%無理な領域なのです。

プロゴルファーとアマチュアゴルファーでは体力
からして大きな違いがあるのはどなたでも認める
ところですよね。

器に合った量の水を入れる事が大事であって、
決して溢れさせてはいけないのです。

使い物にならなくなってしまいます。


あなたの体格、体力に合ったゴルフスイングを
作る事がゴルフスイングとは?の答えなのです。

そんなゴルフスイングの考え方がのっている
ブログの記事が有りました。

究極のゴルフスイングフォームは全てオリジナル!
と言う事になるのです。

この事が理解できるようになるとゴルフは簡単に
なるのです。

難しく、いろいろなことにチャレンジする事も
ゴルフの楽しみの一つでは有りますが、初心者の

時には全てをシンプルに、簡単に考えたほうが
ゴルフをより良く楽しむことができます。

その結果として上手くボールを打てるようになり
→飛ぶようにもなり→ゴルフがより面白くなって
ドップリゴルフの深みにはまってしまうのです。わーい(嬉しい顔)

正しいスイング理論とは

質問・・・正しいスイングはどれですか?

答え・・・どれも、正しいです。

「何じゃ!そりゃー!」

と思われましたか?(笑)

実はスイングは10人10色、100人100様なのです。


ゴルフスクールへ通った事がある方はお分かりだと思いますが

「同じ先生」に「同じように」教わっても生徒は

同じスイングフォームにはならないのです。


突然ですが、1+1=2ですよね。

「2」以外に正解の答えはありませんよね。

正解は必ず1つなのです!算数では。



ところが、ゴルフのスイングには正解の答えが

1つではないのです。

3つ4つどころか無数に有るといっても良いのです。


もちろんスイングの基本はありますがゴルファーの

筋力、体格、身長・・・等は各人各様の上さまざまな

要素が絡み合って正解の答えは膨大な数に

なってしまうのです。


例えば

ゴルフスイングのトップの位置1つをみても

プロゴルファー10人いれば10人それぞれ

トップの位置が微妙に違います。
(大幅に違うプロもおります)


アマチュアゴルファーの場合には、左手の筋力、握力などの

要素が強く関係しています。

左手の親指・人差し指を除く3本の指の握る力が強い方は

トップでクラブがきれいに収まりますが、弱い方は

トップで3本の指が緩む為ヘッドがタレてしまいます。


また、左腕が曲がってオーバースイングになっている

場合もあります。


ですから、このような事(トップが大きい、小さいなど))は

個人差ですからあなたも気にしなくて良いのです。


教えてくれる方のトップが小さければあなたに対して

「もっとトップを小さくしなさい」と言い、

その逆もありえます。

この様に教えてくれる先生(?)によって言い方

感じ方、ポイント・・・などが違ってくるのです。


聞くほうもイロイロな先生にご指導を受けると

先生が変わるたびに違う言い回しになるため

頭の中が混乱しやすいです。

スイングのフォームはあなたのオリジナルで

良いのです。

あなたの体格、筋力、柔軟性・・・等であなたが

できる限界が決まってしまいます。

ですから、できることを身に付けてオリジナルスイングを

完成させれば良いのです。

ゴルフを目指す全員がタイガーウッズのように

なれるわけではありませんから。

「マイ・スイング」を作りましょう。

ゴルフはイメージの世界

ゴルフクラブで始めてボールを打つ時に誰でも感じる事があります。

それは、
止まっているボールになぜ、「当たらない」のだ!と

なぜでしょう?(笑)


ソフトボールでも野球でも打てるのに??????

実は斜め下のものを打つ動作を体の筋肉が記憶していないからです。
だからゴルフ初心者はボールに当たらなくても普通なのです。
安心しましたか?

ですからゴルフ初心者が中級者になるためには体の筋肉に
ゴルフスイングを記憶させればよいわけです。

もうお分かりですよね。

そうです、素振りをするのです、ボールを打つのです。
繰り返し、繰り返し、スイングをすれば筋肉が
記憶してくれます。

そして「慣れ」てくるのです。

毎日、ボールを打つことは難しいでしょうから
素振りを毎日行えば、進歩は目まぐるしいですよ。
クラブを持って素振りだけで。

車のトランクに素振り用クラブを1本入れておいて
時間があれば「チョット」素振りを!



ゴルフの初心者から中級者への早道は筋肉への記憶!

ボールを打つことになれること!

これだけです。


最初からボールが曲がるだの、遠くへ飛ばないだのといろいろ

「言わない事!」
これらを考えるゴルフ初心者が実に多いです。

ボールを打つことにまだ慣れていないからおこることを
最初からあれこれ、考えるだけ「無駄」です。

いつも同じミスが出るようになる。
殆どのボールは同じ曲がり方をする。

など、ある程度同じスイングが出来るようになって
(ボールを打つことに慣れてきた証拠です)から
次のステップで、曲がる、飛ばすを考えるように。


ゴルフについて次のことを良く理解しておかないと上達しません。

・ゴルフはスポーツの中で最も練習の成果が現れにくいと
 いわれています。

・ゴルフはイメージのスポーツである。

これは練習を重ねていくと理解できますが、沢山ボールを打てば
上手になるのかというと、打てば打つほど「悩み」「アレ!」と
?????が増えてきます。

これの一つ一つをクリアーするのに時間がかかるのです。
ですから「悩み」「アレ!」を増やさない!考えない事
(難しいですけどね)


・ゴルフはイメージのスポーツである。

ボールを打つスポーツで止まっているボールを打つのは
ゴルフだけです。

野球、テニス、卓球・・・みな動いているボールに反応して
打つのです。

これは、反射神経でボールに反応し打っているのです。
考えている暇は無いのです!瞬間の動作です。


ゴルフの場合は違うのです、考えてしまうのです。
ボールが止まっているから!

「グリップはこれでよかったか?」
「アドレスは下半身を止めて」
「テークバックは?」
「どのようにスイングしようか?」
「当たらなかったらどうしよう」
「うまく打ちたい」
「ダフッたら、トップしたら」

等と考えている内に体が固まってスムーズなスイングが
できなくなってしまうのです。

「イロイロ考えるな!」と言ってもこれは無理な事で
不可能です。

ですから考える事柄を決めるのです。

ゴルフ初心者の場合には「1つだけ」考えるのです。

例えば「リズムを作る」ことを考える。

1、2、3、4、 1、2、3、4、と口ずさむのです。

自分のショットに入る前から口の中で1、2、3、4、と
言い続けアドレスに入り、ショットをするまでズット
1,2,3,4、と言い続ける。

するとほかの事は考えなくて済みます。

これを練習場で身に着けてください。
人によっては1,2,3、でも良いし
ゆっくりの人は1,2,3,4,5、でもOK。

頭の中は数字のカウントのみのイメージを残す。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。