チッパーてご存知ですか?

アイアンクラブの種類に「チッパー」があるのですがご存知ですか?



チッパーはグリーン周りでのアプローチに使用します。

実はゴルフのなかで一番難しいのがグリーン周りなのです。


理由は
グリーンが目の前だから、のせたい!寄せたい!の欲望も強くなり、結果的に力むのと精神的なプレッシャーも知らず知らずのうちにかかってくるからです。

もうひとつ大きな原因はスイングの大きさを加減して打たなくてはならないからです。当然、フルショットはできませんから・・・・

だから、スイングの途中で力を抜いたり、スイングスピードを急に減速させたりして調整をしてしまう結果、ダフッてチョロか.、トップしてグリーンオーバーのホームラン・・・。

こんな経験はありますよね^^

冬などで芝が薄い状態ではウエッジで寄せるには完璧なボールコンタクトが必要になります。

コレはかなり高度な技術を要求されます。
ですからゴルフ初心者には難しい事なのですふらふら

そこで登場する便利グッズ(?)がチッパーです。

今、独特な形をした「アバターチッパー」がグリーン周りの魔術師と
呼ばれ大人気!



「アバターチッパー」



パターと同じ感覚でストロークすれば、ヘッドの重みでボールを転がし、35度のロフトがボールを上げてくれます。
シャフトは短くほとんど垂直で、まさにパター感覚でストロークでき、とても安心感があり確実です。

1打に命をかけるPGAプロはウッドでの転がしをよく使いますが、練習量の少ないアマチュアこそ「転がしのアプローチ」を武器にすべきです。

これがあればグリーン周りで10打以上スコアー短縮が可能かも?

ゴルフを楽しむためのあなたの秘密兵器になれるかも^−^

注意事項・・ゴルフクラブ規則について

2009/02/23
チッパーはゴルフ規則上はアイアンクラブとして扱われ、アイアンクラブとしての規則に適合していれば使用することができます。

規則に違反するチッパーの例には次のようなものがあります。

@ パターにしか認められていないグリップが装着されているもの
A 2つのグリップがついているもの
B ヘッドの中心にシャフトが装着されているもの(所謂、センターシャフト)
C 打面が複数あるもの
D フェース面の溝が規則に適合していないもの

他のクラブと同様に、チッパーを使用する場合は、それが規則に適合しているかどうかを確認することを勧めます。

裁定4-1/3「チッパーの規則上の扱い」by JGA 日本ゴルフ協会

こちらに楽天でお求めできるチッパーのカタログを容易いたしました。

クラブ規則に違反している「両面打ちができるなど」のクラブも
中にはありますのでお求めの際には上記の注意事項を参考にして
下さい。


★チッパーの種類と価格比較★

グリーン周りの注意点

ゴルフ初心者はゴルフコースでの経験量が当然ですが少ないです。

経験が少ない為グリーン周りでの打ち方を理解しておりません。


ゴルフは経験のスポーツとも言われています。

ボールの着地点の状態が毎回、異なります。

平らな所や同じような状態の所はティーグランド意外は

全くありません。


イロイロなライでの経験をつんでノウハウを蓄積し

ミスを防ぐしか方法は無いのです。


ところがコースでの経験を沢山積んでいるにもかかわらず

同じミスを毎回、繰り返すゴルファーが多いのです。


その結果なかなかスコアーアップができないのです。


この方達はどうして同じミスをするのでしょうか?


答えは単純です。

ミスを出さない打ち方を知らないだけです。


平らな所と同じように打っているのです。


ボールの置かれている状況が、

左足下がり、左足上がり、前下がり、前上がり、

それらが合わさった複合のライでも平らな所と

同じように打っているのです。


次のことを覚えてください、格段にグリーン周りでの

ミスが減りますから!



クラブは傾斜なりに振る事!


例えば

砲台グリーンで左足上がりのライでボールが止まっていたとします。

次のアプローチはグリーンに打ち上げていかなければなりません。

ここで思い出すのです!

クラブは傾斜なりに振る事!

ということは、クラブヘッドは傾斜の下から上へ振らないと地面に

ヘッドが刺さって振りぬく事ができません。

ミスがでるのは、ここなのです。

この、クラブは傾斜なりに振るが全てです。

傾斜が逆の左足下がりであれば上から下へクラブヘッドを

動かすのです。

この「クラブは傾斜なりに振る」をシッカリ覚えてください。



アプローチの真髄

グリーン周りの大叩きの原因

ゴルフ初心者に一番難しいショットはフルショットではありません。

加減を必要とするアプローチショットになります。


アプローチショットでのミスはダフリ・トップが一番多く

たまにシャンクなども出てしまいます。


グリーン周りでダフってしまうと次はダフらないようにと

打ち、トップしてグリーン奥のバンカーへ、バンカーから1回で


出ないと今度はホームランで又グリーンを通り越してラフへ

こんな、パターンでいつのまにか、大叩きをしてしまうのです。


こんな経験はありませんか?



グリーン周りでのダフリ・トップのミスが多いのは目標

(カップ)までの距離が近い為、手先でクラブを操作している

からです。


手は器用に動きますので、動かさないと思っても勝手に

動いてしまう場合も多々有ります。


ボールを遠くへ飛ばさない場合には体を固定する事を

考えてください。

体が動けば動くほどミスは出やすくなります。


動きやすい部分は

手・上体・足・膝・腰などになります。

足に関しては小さい動作なのに体重移動をしているゴルファーも

います。

大きな動作を必要ないアプローチには、左足体重を維持し

右足には体重移動をしないことです。

手首も固定して肩のストロークでクラブをコントロールして

打つのです。

そしてヘッドがボールの上から入るようにハンドファーストに

アドレスすればミスの回数は大幅に減らす事が可能になります。


ゴルフ初心者の場合に圧倒的に多いのがボールをすくう動作です。

クラブヘッドでボールをすくって打とうとしています。


ボールが芝の上に浮いている状態ならばうまくいく時も

有りますが、沈んでいればトップするミスが出やすいです。


ボールにクラブヘッドを上から入れて打つように

練習してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。