パッティングアドレス

ゴルフスイングと同じで10人10色、100人100様で

昔からパッティングに型無し!と言われているように

同じアドレスでパッティングをするゴルファーはいません。


似ているアドレスはありますが。


ですから難しくは考えないであなたがボールを打ち易く

狙ったラインにボールを出しやすい形で構えればよいのです。


パッティング時に「体を動かさない基本」さえ抑えておけば

あまり型にとらわれないで良いのです。


自分流をとおすことが一番です。


グリップについてもいろいろとトライしてみて自分にあった

グリップを身に付ければ良いのです。


グリップの握る強さも「強く握る」「弱く握る」

を試して自分流を見つけてください。


一般的にはゆっくり、ゆったり打つタイプの方はゆるく

早く、強く打つタイプの方は強く握ったほうが

ヘッドコントロールをしやすくなります。


パッティングの上達のためには早く自分のパッティングアドレス

(形)を完成させることです。


そうすればミスパットをした時にはミスの原因を即座に

判断できるようになりパッティングに迷うことがなくなります。


あなたのパッティングアドレスを完成させる努力を惜しまずに

してください。








ボールを追いかける

ボールを追いかけてしまう人はパッティング中に動いています。

目だけで追いかける分には問題ありませんが大半の方は体全体が

動いて追いかけてしまうのです。


あなたがボールを追いかけているか?

試しに簡単なテストをしてみましょう。


部屋の中でも良いのですが本当はグリーン上がベストですから

グリーン上でのお話になります。

まず、ボールマークを挿してその上にボールを乗せてカップから

1メートルぐらいのパッティングをしてみてください。


ボールを打った後にはボールを追いかけないで残っている

ボールマークを見続けていてください。

どうですか?

パッティング後に下を向いてボールマークを見続けている事が

不安ではないですか?

手・腕の動きにいつもとは違う不自然さを感じませんか?

なんとなく体が窮屈ではないですか?

上記の感覚がある方はパッティング時に「動いています」。


いつもはボールを見に体も動いているからパッティング時に

窮屈ではないのです。


TVのトーナメント中継に映るプロゴルファーはパッティング時には

まず、動きません!


動いているようではパットが入りませんので当然、成績が悪くなり

TVには映りません。

いや、映してくれません。(笑)


プロゴルファーのパッティングシーンをご覧になる時には

お尻」を見ていてください。

パッティングの最中に「お尻」は微動だにしません。


お尻が動かなければボールを追いかけて体が動くことを

防げます。


では、お尻を動かさないようにするにはどうすればよいでしょうか?


下半身にむやみに力を入れて固定しようと考えてもパッティング時に

余計な力がかかってスムーズには動きません。

ポイントは重心を置く位置です。


足のつま先 ・母指丘 ・踵 ・膝・・・トライして

ご自分で探してみてください。



パッティングの真実

パッティングとはカップへボールを入れることではありません。

本来パッティングとは

ボールとカップまでのグリーンの状態を観察して情報を頭に入れ

カップに対してボールが転がっていく仮想のラインをイメージする。


イメージした仮想のラインに対してアドレスを作りパターで

ボールを打つ。


打ったあとボールを追いかけるように狙ったラインに対して

パターヘッドを送り出す。



ここまでの動作を言います。



くどいようですがカップに入れることではないのです。


カップに入る入らないは結果であってあなたのおこなう

動作(パッティング)はヘッドを送り出した時点で終了なのです。


パッティングをする前から「入れる=入る」と思っては

いけません。


思うことが大きな間違いなのです。


そう思っていると貴方には「入れなければ」とプレッシャーを

自分で自分にかけることになるのです。


これはとても大事な事なのです。


考え方ひとつで精神的に自分を追い込んだり納得させたり

できるのです。


ショットをする時には打ち出し方向を確認して人により

違いますがいろいろなチェックをしてリズミカルにスイングを

行います。


これなどは、ナイスショットをする為の準備動作をして行動に

移しているのです。結果は別として(笑)


決してカップに入れようとは思っていません。


ゴルフは全て良い結果を得る為に最善の準備(個人差有り)をして

スイング(動作)を行うのです。


パッティングとはカップへ入れる為の準備行動なのです。


結果(カップインする事)を先に求めて行動を起こしては

パッティング時にボールを追いかけてしまい体も動くし

またカップインしなかった時にはダメージも残ります。


パッティングの上手な方は自分のするべきチェックポイントを

必ず持っています。


そしてカップインする為に何をするかを明確に知っています。


例えばチェックポイントでは

ボールの打ち出しラインに目印を決める人。

ボールの後方へ目印を決めてそこへ、ヘッドを引く人。

右手の角度をフォローまで崩さない人。

目線を右手が通過するまで動かさない人。

靴のつま先ラインを揃える人。

グリップを血の気が引くくらい強く握る人。

逆にゆるゆるで握り、振り子のようなストローク。

グリップの位置をお腹から一定に保つ人。

・・・・・等イロイロな方法で

チェックポイントを持っています。


そして、カップに対してボールが転がっていく仮想のラインを

イメージし、そのラインに対してアドレスを作りパターで

ボールをヒットして仮想のラインにヘッドを出していく。


毎回この動作をしているだけです。


このような考え方をすればミスパットで自分が押し出したり

引っ掛けたりした時にも「狙ったラインにヘッドを出せなかったのだ

から」と自分でミスしたことの確認を自覚し、ミスをしたから

カップインしなかったと自分を納得させる事ができるように

なるのです。


パッティングに悩んでいるゴルファーは自分の犯したミスの原因が

わからないのです。


短いパットをはずした時に頭の中では

引っ掛けたのか?押し出したのか?狙ったラインが違うのか?

右手にパンチが入ったのか?インパクトの瞬間にフェースが

開いたのか?体が動いたのか?パターの芯で打てなかったのか?

などと、多くの疑問(?)が頭の中を駆け巡り真っ白になって

しまうのです。

そしてパッティングに苦手意識が芽生えて自信を失うのです。

自信喪失の延長線上に「イップス」があるのです。


長いパットは別にして、短いパットが入らないのには

全て原因があるのです。


私の知り合いにドライバーショットは250ヤードぐらい飛ぶし

アイアンの切れもすばらしい70歳代のご老人(失礼)がいます。

この方が実にパターが下手なのです。


極端な話50センチの距離をポロポロはずすのです。

見ていてかわいそうなくらいヘタなのです。


ある時誘われてゴルフに入ったのですがグリーンでは相変わらず

悩んでいるのです。

私が「動いていますよ」といってもまだ動いているのです。

次のパット時に許可を得て私が頭を抑えてパットをして

もらいました。


すると、次から次に入るのです。これには本人も驚いていました。

本人としては動かさないで打っているつもりだったのです。

頭を抑えられて初めて動いていることに気が付いたのです。


ゴルフではラウンド中には自分の本当の姿を見る機会が

なかなかありません。

だから、勘違いが多いのです。この勘違いを理解することが

上達の第一歩なのです。


その為にもパッティングに自分なりの基準を作るのです。

こう打てばここへボールは出て行く。

このアドレスにすれば絶対に動かない。

これでパターの芯でヒットできる。

自分の距離感はこう作る。

・・・・・などの基準ができれば


今打ったパッティングに対しての良し悪しを自分で

判断ができるようになります。


基準がない方は「何で入らなかったのか?」だけが頭の中に残り

自分のパッティングに自信が持てなくなってしまいます。


この積み重ねがパッティングへの不安・恐怖心・ストレスなどに

なってショットへも響いてくるのです。


貴方もパッティングの時に自分は○○をするのだ!

をお持ちになってください。




パッティングの勘違い

あなたはパッティングとはパターでボールをヒットして

カップに入れる事だと思っていませんか?

「それ以外の何者でもない!」との声が聞こえてきました(笑)

普通は皆さんそうですよね・・・・


だから、入らない時にはガックリもするし悔しい思いも

味わうのですね。



そうですか・・・それでは、貴方にお聞きします。


ドライバーでティーショットを打つときにボールをカップへ

入れようと思って打っていますか?


アイアンでセカンドショットを打つときにボールをカップへ

入れようと思っていますか?


入れようとは思っていませんよね。


OBにならないこっちの方向へティーショットを打ったり

グリーンにのるように向かってセカンドショットを打って

いますよね。



しかし、グリーンでは多くの方がボールをカップへ入れようと

しています。


そのホールの最終目標であるカップが目の前にあるのだから

そう思っても仕方がありませんよね。


そこで発想の転換をしてみませんか?


ティーショットもセカンドショットもカップではなく漠然ですが

あっちの方向へ打とうとしてアドレスを取り打ったはずです。

実際にボールが飛んでいった方向は別としても・・・・。


でもパッティングの場合にはカップが近いこともあり

カップへ入れようと打っているのです。


その結果バーディやパーパットを狙った為に3パットに

なってしまった経験などは有りませんか?


せっかく、パーオンしたのに、ホールアウトしてみたら

4オン1パットの後輩と同スコアの「5」だなんて!


納得できませんよね!惨めですよね!


「なんて俺はパッティングが下手なのだ!」と

心の中で悔しがり、凄く気分が落ち込んで

次のホールのティーショットを打ったら

「お客さん!もう1球お願いします」と

キャディーさんに言われ頭の中が真っ白に!


入れようと思う気持ちが強ければ強いほど

結果が悪いとショックは残ってしまうのです。


パッティングが原因でゴルフが崩れていくことは往々にして

おこります。

ボールをカップに入れることばかり考えてパッティングをし、

あなたが望んでいない結果が出た時、心にダメージを負うのです。



パターのフェース面の向きについて

パターのグリップについては10人10色で極端な話
何でもありのお好きなように!ですが

フェース面は

「絶対に打ち出しラインに対して直角」でなければ
ダメです。

その訳を、あなた自身で確認してください。
部屋の中で、できますから試してみてください。

部屋の中でボールを置いて目標を決め、普段のあなたの
パッティングスタイルで打ってみてください。

ボールの転がり先を確認して置いてください。

次のボールで同じようにパッティングをするのですが
フェース面を少し開いて(目標より右方向を向くように)
構えて目標にパッティングしてみてください。

ボールは目標よりも右方向へ転がっていくはずです。

今度は逆にフェース面を少し閉じて(目標より左方向を向くように)
構えて目標にパッティングしてみてください。

今度は、ボールは目標よりも左方向へ転がっていくはずです。

これで、お分かりだと思いますが、パッティング
おいてボールはフェース面の向いた方向へ転がる事を
覚えて置いてください。

このことはゴルフスイングに通じている事なのです。

それは続きを読む

パッティングの精度

ゴルフを始めて間がないのにパッティングだけは上手な
方が時々おられます。

技術的なことは何も身に付けていないのに
やたら上手なのです。

これは、この方の感性が優れているからだと思われます。

例えば、「輪投げ」で難なく入れてしまう方
あさっての所へ投げてしまう方、投げるたびに良く

なっていく方、最後までうまくできない方
などと様々なのです。

これは個人個人が持っている感性の違いだけだと
思われます。

また、パターの特性とあなたの相性もあります。

それでは感性の劣っている人は上達しないのか?
と言うとそうではないから面白いのです。(笑)

感性の優れた方はあまり練習はしません。
理由は「パッティング」に自信があるから!

でも、練習をしないでいると、その日の調子しだいに
なってしまう為、全然入らないダメな日もあるのです。

でもこのような方が練習をすると強くなりますよ!

では感性の優れてない方(?)はどうすれば
パッティングが上達するのか?


その答えは

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。