FWの苦手なゴルファーは

ロングホールなどで、FWウッドは距離を稼ぐ為には重要なクラブなのですがゴルフ初心者の方で上手に使えている方は少ないようですね。

多くはダフリ・トップの両方のミスがでるゴルファーが多いようです。

ナゼ?上手く打てないのでしょう・・・。

考えられる原因として
飛ばそうとして力むから?タイミングが早くなるから?練習場みたいに平らではないから?クラブが長いから?・・・・・・いろいろ考えられますよね^−^

でも、チョット待ってください。
FWのクラブがボールにキッチリ当たらないと言うことはアドレスの位置にクラブが戻ってきていないと言うことですよね。

すると一番の原因は「軸」体が動いていることではないですか?


アドレスの位置にクラブを戻す方法が有るのですが・・・・・

練習場で1度試してみませんか?

軸が動いて当たらなければ軸を固定すれば良い理屈になりますよね。

体重移動を意識しすぎるとコースでは平らのところはほとんど有りませんので芯で打てる確率は下がります。

まず、FWウッドのグリップを指2本分ぐらい短く持ってください。

そして体重移動のイメージが強いゴルファーはアドレスのときに左足にかかっている体重を維持したまま(左足体重で)スイングしてください。右足への体重移動はさせないぐらいのつもりで!

左足体重でスイングすると当然トップの位置も小さくなります。

上記の左足体重の方法がひとつ。


逆もまた真なりって聞いたこと有りませんか?


先ほどは左足体重で打つでしたが、右足体重で打つ方法も有るのです。

アドレスで右足に体重を多くかけて右足(右膝)の上で回転しインパクトまでは右足の上に身体を残します。

インパクト後に左足方向へ移動するのです。

イメージ的には明治の大砲と言われているおじさんショットを想像してください。

そのくらい右足に体重が有る時にクラブヘッドが顔の前を通過していかないと全て振り遅れとなってしまいます。

素振りでゆっくりスイングを行うと理解し易いです。

・右足体重で右足の上でクラブを振る

・右にある顔の前をクラブヘッドが通過する

・クラブを振り切った結果引っ張られるように左足に体重が移動する

この素振りができるとゴルフスイングのイメージががらりと変わりますよ^−^

どちらかの方法でFWウッドクラブの苦手意識を無くしてください。

FWは飛ぶ?クラブ

FWはアイアンよりも打つには簡単なのです。


その訳はアイアンはだふったらボールは遠くへは飛びません。


その点、FWはクラブの底(ソール)部分が広い為、

ボールの手前からクラブヘッドが着地しても

芝生の上で滑ってボールに当たるので十分な飛距離を

得る事ができます。


使い方次第では武器になりますよ。


ゴルフ初心者でも使える方法を伝授いたします(笑)


FWには3W、5W、7W、9Wなどが一般的ですが

3W・5Wはロフトやシャフトの長さの関係で難易度が高いので

慣れるまではとりあえず使用しません。


使用するのは7Wと9Wになります。

使い方は

短く握る、コンパクトに履くように振る事。

体重移動はしないつもりで顔を軸として上体(手・腕・肩)

だけで打ちます。


体重移動をしないので当然トップの位置とフォローが

小さくなります。

これでナイスショットの確率が高まるのです。


フェアウエーバンカーの場合にもFWを使ってください。

アイアンではボールをクリーンに打てない場合が多く、

バンカーからの脱出ができなくて再びバンカーショット。

結果、大叩きのパターンが間々あります。


バンカーのアゴの高さがあまり高く無ければ9Wを短く持って

打ち方はフェアウエーと一緒でコンパクトなスイングを。


気をつけることはまずバンカーから脱出する事を

最優先に考え、遠くへ飛ばす気持ちは抑えてください。


短く持つ場合シャフトの先端を2〜3センチ余らすようにして

ショットをしてみてご自分で具合の良い長さを探し、グリップに

印でもつけておけばグリップするときに印を見て「短く握る事」

を思い出す事もできます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。