あなたのゴルフスイング作りパート3

前回の続きになります。

クラブを振り遅れないためにはボールのズート手前である
右足前でクラブを早めに振るお話をしましたが

ゴルフ初心者ではボールに当たらない不安が心のどこかにあるため
なかなか右足前で振ることができません。

最初は誰でも同じ不安を持ちます。
これは致し方が無いことです。


では、チョット話は変わりますが、

あなたもゴルフ雑誌などに載っているプロのスイングの分解
画像を一度ぐらいは見たことがあると思います。

アドレスからフィニッシュまでの分解写真です。

ゴルフ雑誌が手元にあるようでしたら、インパクト時の写真を
見てください。

もし手元にゴルフ雑誌が無いようでしたらこちらのサイトに
動画がありますのでご覧下さい。

トッププレーヤーのスイング分析


インパクト時で動画を止めてみてください。

インパクト時に顔は何処を向いていますか?

ほとんどのプロはボールは見てはいないのです!

顔はボールより後方(右足前)を見てインパクトを
迎えているのです。

インパクト時の形はこれなのです!


アマチュアの多くはボールの所まできてからクラブを
振っているのでこれでは振り遅れてしまうのです。

プロの場合にはダウンスイング時に下半身が先行し、
上半身を遅らせている為、結果的にこの形になるのですが

アマチュアがインパクトをイメージするにはこの
「右足前でクラブを振る」事で結果的にこの形に持って
いくことができます。

この形にするには前にもお話をしましたが右足軸でクラブを
振るとこの形を作りやすいです。

それでも違和感があり、上手くいかないあなたには
究極(?)の振り遅れないスイングのお話をいたします^^


それは「クラブを振らない」スイングです!

???????????????ですよね^^


クラブを振らずに「上げて、下ろす」スイングです。
横方向へクラブ(腕・手)を回しません。
Vの字に上げ下げするのです。

下半身は左右へ回転するけれど腕・手・クラブは上へ上げるのです。
ダウンでは腕・手・クラブは下へ下ろす(落とす)のです。

ダウンで落とす時に「万有引力の法則^^」を使い加速させるのです。
力はいくらも要りません!

落ちていく時に徐々に力を加えて加速させればスピードも上がり
飛距離アップもできます。

もし、あなたの周りに上級者の方がおれば
「クラブは上げて下ろすだけですか?」と一度お聞きになって
みてください。

クラブを体に対して横に回転させていたのでは以前お話し
したとおり、右足前で早めに振らないといつまでたっても
振り遅れてしまいます。


クラブと手・腕の動きは体の左右への回転とは違い斜め上に
上がっていき、トップでの手の位置は顔の右あたりになります。

手が右肩よりも後ろまで行く方は上げていません!回しています。
ダウンで手は体の右横に落とす感じでフィニッシュで手は
顔の左側です。

V字のイメージでクラブは上げ下げをするのです。

この動きと、体の左右への回転の動きをあわせたスイングに
なるのです。

実際は下半身も回転ではないのですが複雑になりますので

極論として

上半身は上下の動き!

下半身は左右への回転!

こんなイメージです。

上下のクラブの動かし方について説明をしている動画が
ありますので参考にしてください。

プロゴルファーの逆襲


上げて下ろすスイングができるようになるとまず、振り遅れることは
起こりにくいです。

クラブを振り遅れることで起こる致命的なミスには

体が開いてインパクトを迎える為、ヘッドが開いてボールに当たり
ボールを捕まえることができない結果、弱いスライスボールとなり
飛距離・方向性・風に影響を受けやすくなります。

その点、上下にクラブを動かすスイングをすれば、力の無い方
(特に女性や体力の落ちてきている男性)には力強いボールが
打てるようになるので是非一度練習を試みてください。

くどいようですがこの上げて下ろすスイングでも誰にでも
合う万能スイングではありませんのでヨロシク。






あなたのゴルフスイング作りパート2

ゴルフスイングで一番判りにくく理解しがたいのが体の
動きなのです。

あなたがゴルフクラブを握ってボールを打つときには
横(右側)へ体とクラブを回転させて、その後左側へ戻しながら
同じように体とクラブを回転させてボールを打っていませんか?


これは、人の動きとしてごく自然な動きなので誰でもはじめは
このような動きをしてしまいます。

しかしこの動きでは、体(軸)の回転スピードが速くなれば
なるほどクラブヘッドは遅れてしまいます。

なぜかといえばクラブヘッドは
回転の中心(回転軸)である体(ボディー)より伸びた腕
→手→クラブシャフト→ヘッドと連結しているからです。

回転軸からかなり遠くにあるヘッドはダウンスイングで
体が左方向へ回転し始めると腕・手・シャフト・ヘッドの
順番で体から遅れていくのです。

これが振り遅れるメカニズムです。

では振り遅れないためにはどうすれば良いのか?ですが
ひとつの方法は遅れないように「速く振る」事です。

「速く振る」と言うのは一言で表すとダウンスイング時に
ボールの所へ顔がきてボールを見てから振るのでは遅すぎる
のでボールの無い右足前を見つめたままここで振るのです。

これを表現するのは難しいので「プロのスイング画像」を
一度ご覧になってみてください。

画像で見ればプロは顔の位置が右足前を見ている状態で
クラブは顔の前を通過してすでにインパクトを迎えています。

このイメージが大事なのです。

これは結果としてこのような形になるのですが初心者の
場合には意識して行うことで振り遅れが防げます。

この形でクラブを振れるとクラブの軌道もインサイド→アウト
となり目標よりも右方向へボールが出てドロー系のボール
になります。

振ってみるとわかるのですがとんでもなく目標より右方向へ
振っているようでこれでボールに当たるのか?と思いますが
これでいいのです^^

違和感はありますがこれができるようになれば「ステップアップ」
も速くなります。

要するに振り遅れるから振り遅れないために速いタイミングで振る
と言う事なのです。

この時の注意事項としてダウンスイングで左足へ一気に体重を
移してしまうと右足前では振れません。

左足へ一気に体重を移すと上半身も左に回ってしまうので
右足前では振れなくなってしまいます。

これを防ぐために右足体重でクラブを振りましょう。

トップで右足に体重が移っている状態でクラブを振り
振り終わったら左へ体重を移すイメージです。

このイメージでスイングすることが結果として
頭が残ったインパクトを迎えることができるのです。

一度お試し下さい。

しかし、何度も言うようにゴルフスイングは万人に
合うものはありません
のでよく理解のうえお試し下さい^^


次回のお話は
振り遅れないためにクラブをもっと速く振る方法のお話です。

あなたのゴルフスイング作りパート1

ゴルフ練習場ではじめてゴルフクラブを握って、マット上のボールを
打った時のこと憶えていますか?

クラブにボールが当たりましたか?

空振り」しませんでしたか?

私は練習場ではなく本コースではじめてゴルフクラブ(1W)を
握りティーアップをしたボールを打った(正確にはスイングした)
ことがあります。

「当たりませんでした」

3回「空振り」です。
4回目に当たったと思ったらチョロでした^^

誤解のないように言っておきますが今から30年以上も昔のお話で
当時は当然メンバーさん同伴でのプレーとなります。

ゴルフ人口も少なくプレーをする人達が少数のため悠々とゴルフを
楽しめた良き(?)時代だったのです。

今、練習もしないで本コースへでも出ようもんなら大変なことに
なってしまいますのでくれぐれも勘違いのないようにお願いします。


話がそれてしまいましたが、ゴルフ初心者の中には「空振り経験者」
は多いと思います。

ダフルより空振りする人のほうが断然多いのです!


ナゼ!静止しているボールに当たらないのでしょう?
動いている野球のボールは打てるのに!

「不思議だと思いませんか?」

当たらない原因は何だと思います?

ゴルフクラブのシャフトはしなる!
バットはしならない!

ウッドは長い!
バットは短い!

ゴルフクラブは軽い!
バットは重い!

・・・・・・・・・・・・・・・などと
まだ大事なことがありますが、段階的にお話します。


まず、
クラブのシャフトがしなるとスイング中に体より遠い
位置にあるヘッドは遅れてボールの所へきます。

クラブが長くなれば長くなるほどヘッドは遅れやすくなります。

そして、ゴルフクラブは軽い為、手と腕で簡単に振ることが
できてしまうのです。

ところがバットは重いために手と腕だけでは振ることができません。
その為、自然と体を使って振っているのです。


ゴルフ初心者がはじめてボールを打つときには

手でクラブを操作し、体を右へ回転させてバックスイングを
行い、体の回転を戻しながら手を使ってボールを打とうと
するのです。

この時には目でボールを捕らえ体でボールに向かい「この辺で!」と
ばかりに手で打つのですが、力を入れて振れば振るほど、
手だけが先行してしまうのです。

手が先行すればするほどシャフトは大きくしなってクラブヘッドがボールのところへ来る頃には回転している体はボールより左側へきてしまいます。

このタイミング(振り遅れ)ではクラブヘッドはアドレス時の
ボールの位置に戻らず「空振り」となるのです。


ですから、「空振り」を防ぐにはゆっくり振ることなのです。
ヘッドが遅れないようにタイミングよく振るのです。


こんな経験はありませんか?


スムーズにタイミングよく振れたときには「力」「スピード」
「力み」等が全くないことに!

そしてこのときには意外と飛んで「ナイスショット!」の声が
友達からもかかるのです。

でも、あなたは何で飛んだのか?

何でタイミングが合ったのか?

どうしたら、また今のスイングができるのか?


あなたはそれらの理由を考えながらその日のプレーを続けて
その後が「ハチャメチャ」に終わった経験もあるのでは?


そして、あなたの結論は「タイミング」と出すのですが・・・

どうしたら「タイミング」を作れるのか?で

また、悩んでしまうのです。


結論から言いますと「タイミング」は作れません!

「タイミング」はできるものなのです!

あなたのゴルフスイングができた結果として出来上がるものなのです。



ゴルフスイングとは人それぞれなのです。

ですから、あなたに合ったゴルフスイングを作れば
良いことなのです。


このあなたのゴルフスイングを作るに辺り是非知っておきたい
大事なことがあるのです。

今日は少し長くなりすぎたので次回に詳しくお話します。

上半身が突っ込む。


ダウンスウィングでいつも上半身が突っ込んでいると言われます。

多くの方からアドバイスを受けて、イロイロやってみましたが

改善されません。

なにか良い方法などありましたらアドバイスをよろしく

お願いいたします。続きを読む

手打ちはダメといわれて?

あなたは「手打ちです」もっと体を使って「ボディーターン」で

打ちなさい。と言われて

手を使わずに体の回転だけでいつも「振り遅れ」。

結果ボールはスライス、トップ、のミスヒットの連続!


いませんか?この様な方は(笑)

手打ちとはバックスイングの始動時から手と腕だけでクラブを上げる

動きでおこります。


要するに肩の回転や下半身の動きが無いのです。


良く言われてる、頭を動かさないように!をやりすぎると、

この様な事になりがちです。


アドレス時に手・腕・肩で、できる三角形を崩さないように

バックスイングの始動を始めれば肩も回転します。


こうすれば、バックスイングのスピードも自然とゆっくりになります。

手・腕でクラブを上げていると「ヒョイ」とトップまで上げ

ダウンスイングでも手・腕で下ろすようになるのです。



そして、この状態では捻転も無いので当然パワーをボールに

伝える事はできなくなります。


一度あなたのトップをガラスに映して見てチェックしてみてください。

クラブがトップの位置に上がっているのに肩が90度近く

回転していなければ、手で上げています。

ご注意ください。

ゴルフスイングの勘違い?

ゴルフスイングでの勘違いに「手を振る」があります。

手は確かに振るのですが、手を振りすぎるとヘッドが遅れて

「振り遅れ」がおこります。


振り遅れは手がボールの所へきているのにヘッドがまだ来ないのです。

ヘッドがボールの所へ来る頃には手がボールよりはるか前に

出てしまっているのです。

これではボールにパワーをのせる事ができません。


手を振る意識よりはヘッドをボールの所へのイメージのほうが

振り遅れは防ぐ事ができます。


もうひとつのイメージはインパクト付近で手を止める感じ。

するとヘッドが走って手を追い越していくような動きになります。

ゴルフとは?パート2

1番ホールはパー5のロングホールです。

Aさんのスイングは力感はあまり感じられないが、コンパクトで

ゆったりとしたリズムのティーショットでフェアウエーイに飛んで

いきました。


続く、Bさんは大きな体で身長が180センチ近くあり、

素振りでの風を切る音がいかにも飛びそうです。


Bさんの第一打もナイスショットでボールがかわいそうなくらいの

「音」を立てて飛んでいきました。

ビッグドライブショットでフェアウエーイど真ん中です。


セカンド地点では

Aさんのボールを約50ヤードオーバードライブしていました。

Aさんの1Wでの飛距離は220〜230ヤードぐらいです。

ですからBさんは270〜280ヤードぐらいは飛んでいる

計算になります。


セカンドショットの所へきて、Bさんに「飛んでいますね〜」と

声をかけ、セカンドショットに7Wをバッグから抜いて

ゆったりとしたリズムでショットをしたのです。


7Wから放たれたボールは青空の中を気持ち良さそうに

グリーン方向へ飛んでいったのです。


飛んでいるBさんはツーオン狙いです。


グリーンが空くのを待って、バッグから5Wをチョイスして

豪快なスイングでショットをしたのですが、ボールはグリーン

方向ではなく、大きくスライスして右の林の中へ。続きを読む

ゴルフとは?パート1

秋晴れの素晴らしい青空が広がり、風も無く絶好のゴルフ日和です。

65歳になるAさんは一人でホームコースへ出かけました。

フロントに声をかけ、「どこでもいいですから、お願いします。

練習場にいますのでラウンドできるようでしたら連絡をください」と

告げて、パターの練習場へ。


Aさんは定年退職をしてから好きなゴルフ三昧の日々でした。

近頃は筋力・脚力が落ちて体力の維持に大変ですが、幸いゴルフ場

でのカートが普及して楽にゴルフを楽しむ事ができ、喜んでいます。


若い頃には「老後は体力の維持にゴルフで歩く事!」なんて

思っていましたが、体力の低下のほうが速かったようです。

結果、セルフカートの普及は願ったり適ったりで、ありがたい事です。


場内アナウンスがあり、スタートできるようです。

マスター室前のカートにはAさんのバッグともうひとつプロ仕様の

立派で大きなバッグが積んでありました。

カートに乗って待っていると30歳台の青年(Bさん)が帽子を

取ってこちらに向かってきました。

Aさんも帽子を取り、初対面の挨拶をし、1番ホールへと

スタートです。


Bさんもお勤めの会社が今日は代休となり、あまりにも天気がいいので

出かけてこられたとの事でした。


さぁ!
初対面同士2人での18ホールのゴルフの始まりです。

続く

OBについて

◆OB(オービー)についての勘違い

ティーショットの第1打でOBゾーンにボールが入った場合に

キャディーさんから「お客さん、もう1球お願いします」と

言われた経験のある方は多いと思いますが、OBを出した時の

打数の数え方です。


ゴルフ場によってはティーショットでのOBの場合には

「前進4打になります」と言われた事があると思います。


これはプレーを円滑に進行させる為のゴルフ場側が作る

便宜上のルールになります。


この場合にはティーグランドのはるか前方(グリーンに近づく)

に作られている「特設ティー」にてプレーを再開する事になり

ここから放つショットが第4打目となります。


これはあくまでも便宜上のルールであり正式にはOBを

出してしまった場合は、同じ所からの打ち直しとなるのです。


打ちなおしの場合にも、続けて打つのではなく、4名で

プレーをしていれば全員が打った後に打ち直しをする事に

なります。


打ち直し時の打数計算方法は

第1打目がOB・・・・・「1打」

OBのペナルティーが「1打」付き

打ち直しのティーショットが「3打目」となります。


OB1個の場合の打数計算を要約すれば

実際に打った回数+1ペナルティーということになります。


そのホールをホールアウトするまでに費やしたショットの

打数(パターの回数も含む全て)にOBの回数分
(OBが1回ならば1打、OBが3回ならば3打)を
足すのです。

しかし、この計算方法ですと大叩きした時などには頭の中が

パニック状態となり、正確な足し算(?)ができなく

なる場合もあります。


そこで

もっとも計算しやすい方法としてOBは「+2打」と

覚えておくと便利です。


どういうことかといいますとOBの回数だけ覚えておき

OBを打ったショットは数えない、忘れる(?)のです。

実際に打って前に進んでいったショット数だけ数え、

カップインした時点の打数に、OBの回数が

1回ならば+2打、2回あれば+4打を加えればよいのです。



では問題です(笑)。


谷越えのロングホールのティーショットで第1打がトップして

谷に落ちOBになりました。


再度ティーアップをしてショットをしましたが無残にも

再びボールは谷底へ・・・再度OBです・・・涙。


気を取り直して今度は3Wでナイスショット!

谷越えは無事にできました。


ここで問題です。


谷を越えた時点での打数はいくつでしょうか?

何打、打って谷を越えた事になるのでしょうか?


OBになったショットの打数は全部捨てて

「OB1個を+2打」として計算すれば簡単ですよね。


計算は

谷を越える為に打った3Wのショットでまず1打。

谷に落ちたOBショットが2回あるので

「+2打×OB2回」=4打


合計5打で谷を越えたことになります。


OBを打ったショットは数えない!

OB1個は+2打!

と記憶してください。



自分の力量を知る。

TV中継されているプロゴルフトーナメント最終日の1番ホール。

グリーンサイドに1日座っていて出場選手全員の観察を

したことがあります。


成績の悪い順に登場です(笑)。


ショートゲームを重点的に観察しました。

グリーン周りのアプローチ、パッティングなどをじっくり

みていて驚きました。


私のイメージとは大分かけ離れていて、プロなのに

「ザックリ」あり「トップ」あり、よらず、入らず、

おまけに「3パット」ありで、


なんら変わらないのです。

普通の人と!信じられませんでした。


一日見ていて良い勉強をしました。


いつもTVのゴルフトーナメントで見ているプロは

めったにミスはしません。

アプローチもピタット寄せて楽にバーディーや

パーを取っていきます。


これが、プロと思っていたのが錯覚だったのです。

TVで放映する部分は皆、成績の良い(調子のいい)

優勝争いをするプロゴルファー達だったのです。


TV局も絵になるから放映するんです!

これが勘違いの元でした。


私たちがTVで見るプロゴルファーは全員上手な

調子の良い「プロ達」だけ、だったのです。


上位20位(?)以外のプロ達はショット・

アプローチ・パターでミスが多いから上位に

上がれないしTVにはまず、映らないのです。


結論は、トーナメントプロでも賞金ランキングが

下位の人はTVに映るプロのようなゴルフが

できない(調子が悪くて)と言う真実!


しかし、そうは言っても賞金ランキング60位までに

入っているプロは「プロゴルファー」の

エリートグループなのです。


この意味判りますか?

レッスンをしているプロの方々はこのランクよりも

下なのです。


そしてアマチュアの頂点であるシングルプレーヤー

(上級者)の方達はこのレッスンプロよりも

ランクは下なのです。


それよりも下のランクにゴルフ中級者→ゴルフ初級者

→ゴルフ初心者(底辺)と三角形のピラミッドが

出来るのです。



私の言いたいのはあなたがゴルフを知り、練習を始め

うまく出来ないと、悩むのは当たり前のことだと

言う事です。


今、あなたの居るランク(底辺)を良く認識して置いてください。


あなたがコースに出た時「ドキドキ」して当たり前なのです。

ゴルフクラブの芯に当たらなくて当たり前なのです。
(プロでもラウンド中で会心の当たりは数えるほどです)

パーオンしなくて当たり前なのです。
(トッププロでもパーオン率は70%程度です。)

3パット・4パットしても当たり前なのです。
(プロでも3パットはします)

・・・・・など、あなたは頭では理解しているつもりなのに

実際のあなたの行動となると

パー4のセカンドの距離が200ヤード残っていれば

5W&3Wをもってグリーンを狙うのです。

頭の中ではナイスショットをして200ヤードを

パーオンする事しか考えていないのです。

冷静に考えればゴルフ初心者の力量では200ヤードを

正確に打てる確率はほとんど無いに等しいと思って

いるのに!不思議な事に行動するのです。


まず、失敗します。確実に!

これでは失敗した時の悪いイメージが残るだけです。


そして

「トップが大きかったのか?」「タイミングが速かったのか?」

「頭が動いたのか?」等と余計な事を考えてしまうのです。


次のショットのことを考える余裕などありません。

結果、次のショットも又ミスをしてしまうと言う

ミスの連鎖が始まるのです。


このパターンの場合にはグリーン上に上がっても

パットのラインなどを考える余裕は無く。


ティーグランドの方向を見つめて今までのショットの打数を

指折りしながら、一生懸命数えているのです。(笑)

これではスコアーアップは望めません。


もうひとつの考え方(戦略)として

仮に5&6番アイアンに自信があるのであればアイアンで

グリーンの手前まで飛んでくれれば「OK」と思って打つ。


多少当たりが悪くて、いつもより弾道が低くても狙った

方向へ飛んでくれれば、あなたとしては

「納得の領域」なのです。


この結果ならば自分のイメージの想定内のことですから

気分良く次のショットへ集中できます。


そこから、うまく乗せる事が出来れば、振り返って打数を

指折り数えなくても良いし

「トップが大きかったのか?」「タイミングが速かったのか?」

「頭が動いたのか?」等と余計な事も考えなくて済むので、


パットのライン、グリーンの傾斜などパッティングの情報を

頭に入れる余裕が生まれるのです。



このような、サイクルでまわり始めるとゴルフも楽しくなり

「100の壁」も崩せるのですが。


良く言われているようにゴルフは「ミス」をするスポーツなのです。

この「ミス」をなるべく少なくするためにあなたが

いま「何をするか」なのです。


ゴルフ初心者の頃はスコアーを縮める方法を考えません!


ゴルフクラブに当たってくれるか、ボールが曲がらないか

などが「1番」なのです。


ゴルフが上達してくるとクラブに「当たらない」心配は

しなくなります。


この時点でスコアーアップをする事は可能になります。


これからは下記の文章を頭に入れてラウンド中に

自問自答してください。


なぜ、あなたはロングの2打目がいつも3Wなのか?

フェアウエーから狙った方向へ打てますか?

チョロ、ダフリ、トップ、スライスではないですか?

考えましょう。戦略を!自分の力量にあわせた攻め方を!


まず、自分を知り、勘違いを正し、力量を認識する事から

始めてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。