インプレーの球とは

球はプレーヤーがティーインググラウンドでストロークしたとき

すぐに「インプレー」の球となり,

その球は

(イ)紛失 (ロ)OB (ハ)拾い上げ (ニ)球の取り替え 

が許されているかどうかにかかわらず取り替えられた場合

(この場合には,取り替えられた球がインプレーの球となる)

を除いてホールに入れられるまでインプレーの状態を続ける。


ティーショットで一打目がOBになり打ち直した場合には

打ち直したボールがインプレーの球となる。


社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

キャディーとは

プレーヤーはいかなる時点でもキャディーは1人だけに限られる
(規則6-4)。

キャディーはプレーヤーのクラブを持ち運ぶほかに,規則に

従ってプレーヤーを援助(アドバイスを与えたりプレーの線の

指示を行なうなど)することができる。


プレー中,キャディーがルールに違反した場合は,

そのプレーヤーが違反したものとみなされ,そのプレーヤーは

罰を負わなければならない。


例えば規則で許されていないのにキャディーがインプレーの

球を拾い上げたり動かしたり,またその携帯品にプレーヤーが

球を当てたりするとプレーヤーが罰を受ける。




共用のキャディー


複数のプレーヤーに対して、キャディーが1人の場合は、

共用のキャディーである。


共用のキャディーやそのキャディーの持っている物や

動力付きであるかどうかにかかわらずゴルフカートと

それに載っているものは、球との関連でルール上に

問題が生じたときは、その球の持ち主のキャディーや

携帯品とみなされる(定義11,16)。


共用のキャディーは,特定のプレーヤーの指示により行動して

いたときは,それを指示したプレーヤーのキャディーと

みなされる。


通常用いられる2バッグ,3バッグ,4バッグという言葉は

1人のキャディーが持ち運ぶバッグの数をいう。


社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

局外者とは

局外者とは,審判員,マーカー,オブザーバー,同伴競技者と

そのキャディーおよび携帯品,フォアキャディー,ギャラリー,

または犬,カラス等競技者サイドに関係のないものをいう。


したがって,プレーヤーのキャディー(共用キャディーを含む)

および携帯品(バッグ等)は局外者ではない。

風や水はどちらも局外者ではない。


社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

スタンスとは

プレーヤーがストロークのために(またはストロークをしようとして)

足の位置を決めたとき「スタンス」をとったことになる。


プレーヤーは足をしっかりと地面に据えることができるが,

スタンスの場所を作ってはならない(規則13‐3)。ハザード内では,これが特に問題となるので注意を要する。



社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

アドレスとは

プレーヤーがスタンスをとってクラブを地面につけた

(ソールした)とき,球にアドレスしたことになる。

したがってソールしなければアドレスしたことにならない。

アドレスが特に問題になるのは,アドレス後に球が動いた場合

(規則18‐2b)と、次のハザード内のアドレスである。


ハザード内でソールするとクラブが地面(水)に触れることの

禁止(規則13‐4b)に反するので,プレーヤーがスタンスを

とったとき,球にアドレスしたものとする。


足場はハザード外だが球がハザード内の場合はこれがそのまま

適用されるが,足場はハザード内でも球がハザード外の場合は

ソールしたときにアドレスしたことになるので,クラブを

地面につけてもよい。


社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

ストロークとは

「ストローク」とは,球を打って動かすという意思をもって

行なわれたクラブの前方への動きをいう。


クラブヘッドが球にとどく前にプレーヤーがダウンスイングを

自分の意思で途中で止めたときは,ストロークを行なった

ことにはならない。


自分の意思以外で,たとえばダフって球の手前でクラブの動きが

止まったという場合はストロークしたことになる。


社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

ハザードとは

「バンカー」
「ウォーターハザード」
「ラテラル・ウォーターハザード」をいう。

「ウォーターハザード」は黄杭または黄線,

「ラテラル・ウォーターハザード」は赤杭または赤線で,

それぞれの限界が示されている。


ウォーターハザード(ラテラル・ウォーターハザードを含む)は,

コース内の海や湖・池・川・溝・排水路

その他の開きょ(水の有無は関係ない),およびこれらと

同様のものをいう。

ウォーターハザード(ラテラル・ウォーターハザードを含む)の

限界は垂直に上下に及ぶ。


社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

スルーザグリーンとはどこのこと?

現にプレーしているホールの「ティーインググラウンド」と

「グリーン」,コース内のすべての「ハザード」を除いた

コース内のすべての場所をいう。


いわゆるフェアウェイやラフ,隣ホールのティーインググラウンドも

スルーザグリーンである。


社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

障害物とは

障害物とは人工の物をいい,道路・通路の人工の表面と側面,

および人造の氷を含む。



動かせる障害物(規則24‐1)

人工の物であって,

(イ)特別な労力を要せずに,

(ロ)不当にプレーを遅らせることなく,しかも

(ハ)物を壊すことなく,動かせるものである。


これらの物は取り除くことができる。

球が動いているときは、その球の動きに影響を与えない場合,

無罰で取り除くことができる。

また救済処置をとる際に球をすぐに取り戻せないときは,

別の球に取り替えることができる。

 ・ 旗竿,バンカーならし(レーキ),カートなど

 ・ 傘,煙草の吸いガラ,空きカンなど

 ・ ティーマーカー(初めのストロークのときは固定物),
  
  ウォーターハザードの標示杭,距離標示杭,

  通行規制用のロープと鉄杭など

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

動かせない障害物(規則24‐2)


コースに設置してある人工の物で,容易に

動かせないものをいう。

これらの物がスタンスやスイングの妨げとなる場合は

無罰で救済される。


救済処置をとる際に球をすぐに取り戻せない場合には,

別の球に取り替えることができる。


・ 立木の支柱,金網,マンホール,橋桁,排水用の土管,

  スプリンクラーヘッドなど

・ 人工物を使った道路の表面,側面および階段など

・ 委員会が動かせない障害物と指定したもの

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人工の物だが,障害物とならないもの(固定物)


・ OBの境界を決めるもの。例えば杭や柵,垣,壁等

・ 動かせない人工の物で,OB区域にあるすべての部分

・ 委員会がコースと不可分の部分と指定したすべての構築物

社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/







重大な違反!

球に影響を及ぼす行動や誤所からのプレーなどで,

規則と異なる処置をしてプレーヤーがかなりの利益を

得たり,ストロークしないでかなりの距離を得したと

委員会が判断した場合,重大な違反となり,

訂正プレーが求められたり,また訂正しなかった場合には

競技失格となる。


社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

ルースインペディメントとは

自然物であり,次のものを含む。石,木の葉,木の枝など,

動物の糞,虫類およびその放出物や堆積物。

ただし,前記のものであっても次のものは除く。

固定されているもの,生長しているもの。

地面に固くくい込んでいるもの,球に付着しているもの。


砂とバラバラの土は,グリーン上にある場合は

ルースインペディメントであるが,それ以外の場所では

ルースインペディメントではない。


 雪,自然の氷(霜柱を含む。JGA裁定)は

カジュアルウォーターまたはルースインペディメントとして

処置できる。


 露と霜はルースインペディメントでも

カジュアルウォーターでもない。(定義12)


ルースインペディメントは,それと球の両方が同じ

ハザード内にあるか,ハザードに触れている場合を

除いて罰なしに取り除ける(規則23)。


球がグリーン上以外の場所にある場合,

ルースインペディメントを取り除いたことが

球の動く原因になったときは規則18-2aにより1打の罰を受ける。

(たとえば、球のそばにある木の葉を取り除こうとして

木の葉を動かした時に球が動けばペナルティの対象です。)


球が動いている場合,その球の動きに影響を及ぼす

おそれのあるルースインペディメントは取り除いてはならない。

取り除けば2打罰。(規則23)

社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

修理地とは?

修理地とは

(イ)委員会の指示により修理地と標示してある場所

(ロ)委員会から権限を与えられている人によって修理地と

宣言された場所で,通常白線や青杭で標示されている。


標示がなくても,他に移す目的で積み上げてある物と

グリーンキーパーが作った穴も修理地に含まれる。

ただ放置された刈草などは含まれない。


修理地内のすべての地面と,修理地内に生えている

草やかん木,樹木その他は、すべて修理地の一部である。


修理地の限界は垂直に下方に及ぶが,上方には及ばない。

したがって修理地に生えている木の枝が修理地外に出ていても,

それは修理地内の一部ということになる。

修理地内に球が止まっている場合,また球が修理地外に

あってもスタンスがそれにかかる場合には,

救済を受けることができる。

社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/

ゴルフコースとは?

ゴルフコースとは,ティーインググラウンド,スルーザグリーン,

ハザード ,パッティンググリーン(以下グリーン)から

構成されている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スルーザグリーンとは


現にプレーしているホールの「ティーインググラウンド」と

「グリーン」,コース内のすべての「ハザード」を除いた

コース内のすべての場所をいう。


いわゆるフェアウェイやラフ,隣ホールのティーイング

グラウンドもスルーザグリーンである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハザードとは


「バンカー」「ウォーターハザード」

「ラテラル・ウォーターハザード」をいう。

「ウォーターハザード」は黄杭または黄線,

「ラテラル・ウォーターハザード」は赤杭または赤線で,

それぞれの限界が示されている。


ウォーターハザード(ラテラル・ウォーターハザードを含む)は,

コース内の海や湖・池・川・溝・排水路その他の開きょ

(水の有無は関係ない),およびこれらと同様のものをいう。


ウォーターハザード(ラテラル・ウォーターハザードを含む)の

限界は垂直に上下に及ぶ。

限界を標示する杭と線はそのハザード内である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グリーンとは


「パッティンググリーン」(以下グリーンという)とは

現にプレーしているホールの,パッティングのために

特に作られた場所や委員会によってグリーンと

決められた場所をいう。


球の一部でもグリーンに触れているときは,その球は

グリーン上にある球とする。

グリーン上の球か否かで処置が異なる場合が多いので,

この判別は重要である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目的外のグリーン


現にプレーしているホールのグリーン以外のグリーンをいう。

委員会が別の規定をしていなければ,目的外のグリーンという

用語には,コース上の練習パッティンググリーンや

練習ピッチンググリーンを含む。

社団法人 日本ゴルフトーナメント振興協会
ゴルフルール早わかり集より
http://www.golf-gtpa.or.jp/rule_book/









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。